注目されている

残された子供

 東日本大震災以降、地震や大雨による冠水などで家族と離ればなれになってしまう危険性が認識され初め緊急連絡や安否確認の方法と言うのが災害対策として重要視されるようになってきました。
 安否確認の方法として定番なのが電話なのですが、電話は災害時において使用良が増えてしまい回線がパンクしてしまうと言うことで、大規模災害時には予め規制を行い行政間の緊急連絡に回される傾向があります。
 そのため注目されているのがインターネット回線を使った方法であり、携帯電話会社は各社とも災害対策サービスを提供しています。
 また同様に注目されているのがSNSやネット通話であり、大規模災害時においては会員登録をしなくても使えるようにする事もあります。
 また真逆の方法で、アナログ分野での対策と言うことで張り紙なども見直されており、今後も二極化する傾向は続くと思われます。

使用の際に

インターネット上の安否確認サービスに注目が集まる一方で、問題も起きてきています。
 一番大きいのが災害時に出回るデマ問題です。
 以前から災害時のデマは仕方ない部分が有ったのですが、情報メディアの発達によって出回るスピードが早くなる上に、インターネット上の政治思想やプロパガンダにも影響される要になってきています。
 また同様に人目を集めたいだけの成りすましや、話題に乗りたいだけの人間なども集まり初めており、いかに情報の真偽を確かめるかと言うのが重要なポイントとなってます。
 逆に特定の人間を対象にする方法だと、予めそれなりに取り決めや設定を行わないと使えないことも多く、災害に対応できない事も多々ありますので、予め緊急時の連絡方法などを家族で取り決めしておく事が重要となってきています。

オススメリンク
アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2014年12月
« 11月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031